YouTubeで企業案件を受けるための3つのポイント

YouTubeで再生数も取れてきてファンが増えていくと企業からタイアップ依頼が来るかな?と思っていてもなかなか依頼が来ないことがあります。

どうすれば企業案件が来るか?ということについて気になる方必見です!

YouTubeで企業案件を受けるためには、依頼者がどういう視点でYouTubeのチャンネルを広告先として選択してるか?を把握しておきたいですね!

今回は実際にオファーをしているチビミルからYouTubeで企業案件を受けるための3つのポイントについて整理してまとめてみます!

企業案件を受けるためのポイント①
概要欄にしっかりと連絡先を書く

まず大事なことは「連絡先や仕事の依頼を求める内容をしっかり書く」ということです。

これは、自分のチャンネルはまだかな・・・と遠慮してしまうことで、機会を逃している可能性があります。

平均再生数が1000回再生を超えてくると、いつ案件が来てもおかしくはありません。

しっかりと、「お仕事の依頼は・・・@・・・com」のように連絡先を書いておきましょう。

連絡が来た際は、しっかりとメッセージを返すことを心がけることが大切です!

この案件は微妙だな・・・返信を返さないと次のオファーの連絡は途絶えてしまいます。

依頼を断る場合もこういう案件ならやってみたい!と意思を伝えておくと、企業案件が届くチャンスが増えていきます。

企業案件を受けるためのポイント②
ターゲットを意識したチャンネルを運営する

YouTubeが新しいWeb広告媒体となってきているのは、企業としても認識は始まっております

しかし、現状では、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告、Webニュースなどの媒体掲載が先に意識されていて、YouTubeを検討している企業はまだ多くはありません

特に漠然としたYouTubeチャンネルへの宣伝依頼となると「ターゲット」が見えずらく判断責任が取りずらくなることがあるため、YouTube宣伝に踏み込めていないといった声をよく耳にします。

その反面、このチャンネルは「こういう人が見てるな」と視聴者属性が分かるチャンネルであることと平均再生数1000を超えていれば、宣伝を依頼したいという声もよく耳にするので、こういったチャンネルを運営されている方は、特に企業案件のチャンスを多く持っております。

もしも、こういうチャンネルをしていて再生数1000は超えていれば、案件のご紹介が可能なのでぜひこの機会にインフルエンサー登録をおすすめしております!

企業案件を受けるためのポイント③
更新頻度が1週間に1本以上あれば吉

上の2つが揃っていれば、企業案件を受ける可能性が高い状態ですので、あとは案件を出しやすい環境作りです。

更新頻度が週に1回あれば、大体どれくらい動画が回るか把握しやすくなります。

一ヶ月前の動画の再生数は獲得できていたとしても、今から出す動画が一ヶ月前の再生数と同等になるかどうかは不透明です。

更新頻度が高く視聴者との「単純接触頻度」も担保できるとチャンネルとなると、大型案件のチャンスもあります!ぜひにアピールをすることをおすすめします!

企業案件を受けるための最重要要素は!?

企業案件のオファー連絡をクリエイターにお送りすると「気になった案件だけ返信する。その他は無視する」という方がいます。

しかし、YouTubeチャンネルは一つの番組であり、YouTuberはチャンネルの営業窓口ということになります。

キャスティング会社や広告代理店は繋がりがあるため、その案件を受けなくても「こういう企業案件をしたくて、こういう条件でなら・・・」ということを伝えておくことが大事です。すると、担当者は頭の片隅にデータとして把握するので、声のかかる可能性は継続的に続いていきます

以上のことを踏まえておくと、企業案件の声が増えていくので、ぜひ参考にしてみてください!

チビミルでは、案件にチャレンジしたいYouTuberへ案件を紹介しますので、こちらよりインフルエンサー登録をお待ちしております!

 

おすすめの記事